読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんいまの、きょうコレにハッとしました!

きょうハッとしたことを記録するブログです

『かなわない』植本一子著:現在進行形の壮大な人生という物語とさらけ出すことの愛おしさ。

book

f:id:cyan_imai:20161126153448j:plain

Amazon CAPTCHA

 

『かなわない』。

全部読みおえて、こんなぴったりなタイトルあるのかなって思った。

 

著者、植本一子さんを知ったのはこのインタビュー。

http://frau.tokyo/_ct/16994508

 

日曜の深夜、映画を観終わって、

なんかいろいろ考えてしまってまだ帰りたくなくて渋谷のツタヤをうろうろしていた。

帯のコメントに惹かれて購入。家に帰って、号泣。

最初の文章で、涙が止まらなかった。

(ちょっと泣きたい気分だってのはあったんですが)

 

 

この本は2011年から2014年の彼女のブログを書籍化したもの。

 

2011年は震災直後。彼女は小さい子供を2人抱えて放射能を気にする一生懸命なお母さん。

そのうちだんだん育児がつらくなってくる。

そのうちもっと自由になりたいと思う。

2014年は心が少し疲れてしまった女性に。

 

 

この本でブログっていうものの概念がすっかり変わってしまった。

ブログって、人生という壮大なものがたりの1ページにちゃんとなり得る。

 

 

ここまでさらけだしていいの?って思う箇所がたくさんある。

でも、でもさ、

ここまでさらけだすひとを嫌いなれるひとっているのかな?

育児に一生懸命な女性であり、育児がうまくいかない女性であり、

恋する女性であり、仕事を頑張る女性であり、母との関係に悩む女性であり

そもそも、人も人生もそんなに簡単にカテゴライズなんて絶対に出来ない。

 

最後に収録されてる『かなわない』が本当に素晴らしいよ。

あの、石田さんの一言に思わず目にバーッと涙が浮かんでしまった。

(思い出しただけでも、泣ける。。。)

おおっきいひとだな。

そーゆー大きいところが男のひとにはありますよね。)

こんなすてきなにひとに愛されて、一子さんまじですげーじゃん!!と思う。

 

星野源がラジオで「自分に自信がない」というリスナーからのお悩み相談に答えていて。

「ぼくも自分に自信がなかったけど、一生懸命頑張ってるうちに

周りにいるひとがどんどん変わってくる。周りにすてきなひとがたくさんいると、それが自信になる。」って。

 

本のなかで、一子さんはすごく大変そうだったけど、

石田さんや、お子さんや、周りに素敵な人ばっかりでわたしはすごく羨ましかった。

そして、彼女の撮る写真も、本当に本当に本当に素敵なんです。

http://tennenstudio.tumblr.com/

こんな良い写真が撮れるってさ、やっぱり彼女自身も全部ひっくるめてとても素敵なんだなと思った。

 

 

ブログで、石田さんに関するニュースをみて、

やっぱりこれは現在進行形の物語なんだと思って、

同時に、本当に頑張って欲しいと思いました。

 

 

一度しかないし、この時間も今しかないんだから、

わたしももっとさらけだして生きなきゃって思いました。

あーさらけだしていけるかな!?

よしー、行ってみよう!!!