ちゃんいまの、きょうコレにハッとしました!

きょうハッとしたことを記録するブログです

映画『マジカル・ガール』:すべては愛するだれかのために。

f:id:cyan_imai:20160904161815j:plain

www.youtube.com

 

とにかく、しょっぱなにあの歌の流れたときの、衝撃。

そして、こういう話だと正直思わなかった。(ご覧になった方、思いますよね!?)

 

 

お話は、日本のアニメ「魔法少女ゆきこ」に憧れる、

白血病におかされている娘のある願いを知ってしまったことからはじめる…。

 

とにかく、映像のトーンがすごくキレイ。

さらに一つひとつのシーンも

 特に、何か”象徴”として描かれているシーンが印象的。

 

ただ分かりやすくセリフで説明してしまうのではなく、

小道具だったり、行動だったりで物語の暗示(または比喩)となる映像シーンを

挟みながらストーリーを進めていくという・・・まさに映画的!!!

 

オープニングのあの衝撃的な日本の歌が流れるシーンで

すげー面白くなっっちゃってその後、

こんな話になるというとは…!という風に話はゴロゴロ転がっていって・・・。

 

でも私たちの日常生活だってそうですよね。

あるひとつのことにある人に影響されて、その為にある人がなにかをして

またある人がそのために何かをして、さらにまたある人が何かをする。

 

つまり、

人の行動ってそのほとんどが誰かのために何かを行動しているんじゃないかなって

思ってしまいました。

 

映画本編では、あまり多くのことは語られなくって、観客に想像を委ねる部分が

なかり多い印象。私は途中、実はものすごくおかなが空いてしまって、

想像までのエネルギーがかなり奪われてしまいましたが・・・

たくさん想像してしまえた人ほど映画を楽しめたんじゃないかと思います。

 

そして、やっぱり日本の歌って、いいね!

そして、日本のポップス(歌謡曲なのかな?)って情報量もすごく多いんじゃないか

この映画みて改めて思いました。

 

マジカルガールってタイトルもいいね。

 

f:id:cyan_imai:20160904161913j:plain