読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんいまの、きょうコレにハッとしました!

きょうハッとしたことを記録するブログです

「真面目に生きるって損ですか?」②みんなほんとうがんばってるよね。

book

f:id:cyan_imai:20160720042136j:plain

Amazon CAPTCHA

 

素直に愚痴を言えなくなったのは、いつからでしょう?

私は、仕事始めて1年ぐらいしてからかな…?

 

これは、ライターの雨宮まみさんが誰にも言えない相談者の愚痴を

ひたすらただただ聞いてくれるという有難い本。

こんなこと言ったら引かれるかな、でも人間なんだからそう思っちゃうのは

仕方ないよ!っていう人間だからこその割り切れない感情すらも

雨宮さんは受け止めてくれます。

頑張って生きている女性(女性ならみんなそうだとは思いますが)なら

どこかの章で思わず涙がこみ上げたりしちゃうんじゃないでしょうか。

わたしは、ええ、はい、もちろん、ありました。

 

 

そういえば、むかーし、昔、

「どーなってるの!?」「こたえてちょーだい!」って番組があったですが

覚えてる方いらっしゃいますか・・・!!

(いまだったら、ジャンルで言えば「スカッとジャパン」とかでしょうか?)

 

あれって!

ほぼ主婦の愚痴!!を共有する番組。

 

いつのまにか大人になると、

この程度で愚痴って言っちゃいけないとか、こんな風に思う自分がいけないんだとか

ここまで、友達に言ったらひかれるよなとか・・・考えちゃう。

 

愚痴って、やっぱり距離感が重要なんですよね!!

 

 

この本は、誰にも言えなかった相談者の悩みをただただ聞いて抱きしめてくれる

雨宮さんの丁寧な姿勢が本当に素晴らしいんです。

(私もこんな風に聞いてあげたいし、聞いてほしいと思いました。)

 

読みながら、私もなんだか悩みを聞いてもらってる気分。

 

きっとこの本、自分真面目にがんばってるなという思いがどこかにあるひとが

手にとってると思うんですが、この本でみんながそれぞれの抱えている悩みが

少しでも楽になるといいなって思いました。

 

自分とは関係ない人だからって攻め立てる正義を振り回すのではなくって、

もっと明るくちょっとでも楽しくいきていけるために。

 

 

だって、みんな、ほんとうにがんばってるんだもん。